合宿免許ならローンも考えるべき?合宿免許でローンを組む理由と注意点

合宿免許に行くとなると比較的まとまったお金が必要になりますし、まとまったお金が無いけれど急いで免許が欲しい場合はローンを組むことも考慮に入れておいたほうが良いかもしれません。今回は合宿免許でローンを組む必要性やシチュエーション、またローンを組んだ際の注意点などについて解説していきます。

合宿免許費用はローンを組むべき?

合宿免許でローン払いが必要になるシチュエーションは多くありますが、中でも特に多いのが就職に向けて必要に迫られた場合が多いのではないでしょうか。特に免許取得費用を親に頼りたくないと考えている人は、ローンでなら少しずつ自分で返すことも可能なため、そちらを選ぶ傾向がやや多いようです。特に免許の有無によって選べる企業の数が変わる事は多いため、ローン払いを選択する事の利点は少なくないと言えるでしょう。また18歳になりたてだけどすぐに免許を取得したいという人にも、ローン払いは向いています。合宿免許ローンは大学生なら入れる所も多いですが、中には高校生からも可能な場合があるため、大学に入るまで我慢しようと考えるよりも、まずは自分の地域にある免許合宿所が高校生ローンも可能になっているかどうかを調べたほうが良いでしょう。

合宿免許用の運転免許ローンはどうやって申し込む?

運転免許ローンは全体的に金利が低い傾向にあり、一般的には12%前後が多い傾向にありますし、中には10%を切る所も珍しく有りません。運転免許ローンは教習所の窓口から申し込むことが出来ますが、Webサイトから申し込みできる場合もあります。すぐに窓口で契約しようとすると、人によっては緊張して契約内容についてしっかり考えることができません。じっくりと内容を確認して契約したい場合は、まずはWebサイトで内容を確認して、十分に納得した上でそのまま申し込みするか窓口に向かうようにした方がよいでしょう。

また忘れずチェックしておきたいのが「スキップ払い」が使えるかどうかです。すべての教習所で使えるとは限りませんが、スキップ払いは支払い開始を場合によっては最長で6ヶ月ほど据え置くことが出来るサービスです。これを上手く使うことで、就職の目処は立っているけど収入が入るまで合宿できないのは時間が無駄になってしまう、という場合なども対処することが可能です。

合宿免許でローンを組む際に注意したいこと

合宿免許用の運転免許ローンを組む場合、最初に注意したいのはちゃんとローンの支払い計画が立っているかどうかです。もちろん支払いきれなければトラブルになってしまうというのもありますが、そもそも審査を通らなくなってしまう可能性が高くなってしまうのです。比較的審査が甘い傾向こそあるものの、きちんと計画的にローン返済をする算段はつけておきましょう。また学生の場合は親の同意が必要なケースも多いため、ローンを組む際は両親を説得しておくことも大切です。また審査期間があることからも、予定を崩さないためには免許合宿に行くことが決まったらなるべく早めに申し込みを済ませておくべきだと言えるでしょう。

学生でもローン払いは可能!時間に余裕がある内に合宿で免許を取得しよう

合宿免許はまとまった時間とまとまった費用の両方が必要ですが、費用問題はローン払いを使えば解決できるかもしれません。合宿を出来る時間の余裕がある内に、早めに免許を取得してしまう方が何かと有利な場面も増えてきます。ローン払いを活用して早めの免許取得を目指してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です