合宿免許卒業のスピードは違う?

合宿免許は、スピーディーに運転免許取得することができるから決めた!という人たちもいらっしゃるでしょう。

しかし、合宿免許によって、スピーディーでない……ということがありますので、注意しましょう。

合宿免許のスピードと違う?

あなたは、できるだけスピーディーに合宿免許で運転免許取得したいと思っているものの、実際に、合宿免許には、卒業期間の違いがありますので、あらかじめしっかり調べることも必要になってくるでしょう。

普通車ATの場合は、よりスピーディーに運転免許取得することができますが、それでも、12泊13日から17泊18日という差があります。この差はちょっと気になる差ではないでしょうか。

そして、普通車MTを選択してしまったあなたは、もっと合宿免許の期間が長くなってしまうのですが、14泊15日から19泊20日程度の差があります。

どうせなら、14泊15日で卒業させていただきたいものですが……。

行く合宿免許によっても違いがありますし、また、合宿免許へ行く時期によってもこのような差が出てきてしまうことになります。

法規上では、普通車免許ATの場合12泊13日、MTの場合14泊15日が最短日数です。

だからついついこの期間で私も卒業することができると思っているものの、合宿免許では、この期間で卒業出来るところの方が少ないと言っていいでしょう。

確実にスピーディーに卒業できる合宿免許

でも、確実に、そのようなスピードで卒業することができる合宿免許もありますので、本気で早く卒業したいというのなら、そのような合宿免許をしっかりチェックしましょう。

確実にスピーディーに卒業できる合宿免許は、東京都:伊豆大島自動車学校、東京都:東京センチュリーモータースクール、兵庫県:太陽猪名川自動車学校、兵庫県:北播ドライビングスクールです!

エリアに関係しているようで、東京都、兵庫県に所在のある合宿免許で運転免許取得すれば、他の合宿免許を選ぶよりも、確実に、1日から3日程度は、時間短縮することができるでしょう。

なんで、そのような事態になってしまうのかといえば、「みきわめ」と「検定」を同日で行うことができるからです。

一般的には、合宿免許では、 ATの場合13泊14日、MTの場合15泊16のスケジュールで組んでいるところが多いですね。それでも、合宿免許でスピーディーに運転免許取得することができるというのは嘘ではないと思いますが……。是非、参考
にしてあなた自身ももっと調べてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です