運転免許の区分と種類について解説

3種類ある運転免許の区分

運転免許の区分には第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3区分が存在し、区分によって運転できる範囲が定められています。仮運転免許とは、運転免許を取得する際に一般道路上で練習をするために必要となる免許です。第一種運転免許は自動車やバイクを運転するために必要となる免許になります。一般的に運転免許と言うと第一種運転免許のことを指すことが多く、通勤や買い物などには第一種運転免許があれば十分な場面がほとんどです。第二種運転免許は旅客運送目的で自動車を運転するために必要となる免許です。バスやタクシーなどを運転し、業務として旅客を運ぶためには第二種運転免許が必要となります。

運転免許の種類と運転可能になる車

運転免許には種類があり、それぞれ運転できる自動車の種類が異なります。普通自動車免許は普通自動車・軽自動車を運転するための免許です。一般的には普通免許とも呼ばれます。総重量3,500kg未満、積載量2,000kg未満の普通自動車が運転可能になり、運転免許を取得している人の多くが取得している免許です。普通免許にはAT車限定で運転可能な免許とマニュアル車も運転できる普通免許の2種類が存在します。また、普通免許を取得すると原付も運転することが可能です。

普通自動車よりも大型の自動車を運転するためには、準中型自動車が運転可能になる準中型免許、中型自動車が運転可能になる中型免許、大型自動車が運転可能になる大型免許が必要です。大型免許を取得すると大型自動車だけでなく中型自動車や普通自動車も運転可能になるといったように、これらの免許は上位関係にあり、一つの免許で複数種類の自動車が運転可能になります。

普通自動二輪免許は排気量50cc~400ccのオートバイが運転可能になる免許です。これにも、AT二輪車のみ乗ることができるAT限定免許と、マニュアル車も運転できる免許の2種類があります。排気量400ccを超えたバイクを運転するには大型二輪免許が必要です。

特殊車両を運転するために必要な免許には小型特殊自動車免許、大型特殊自動車免許の2種類があります。小型特殊自動車免許で運転できる車は農耕トラクターやコンバイン、フォークリフトなどの小型特殊自動車に区分される車両が対象になります。大型特殊自動車免許はショベルローラーやロードローラーなどの車両が対象であり、主に工事や建築現場で用いられます。ただし、あくまで公道を走るための免許であり、作業のためには別の免許が求められます。

運転したい車に合わせた免許を取ることが大切

運転免許は種類によって運転可能な車が決められており、区分によって範囲が決められています。通勤やドライブに使う程度なら普通免許で十分ですが、運転したい車があるのなら適切な免許をとるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です